SDGsへの取り組み

SDGsエス・ディー・ジーズとは
SDGsエス・ディー・ジーズとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
(外務省 SDGs Action Platformより抜粋)

環境への取り組み

すべての人に健康と福祉を
つくる責任 つかう責任

・製品としての取り組み
RoHS指令に準拠したモノづくりをしています。
RoHS指令とは
電気・電子機器を対象に特定有害物質の使用量を規制するもので、制限物質が10物質となるものを「RoHS10物質」と表現されます。
当社ではすべての製品においてRoHS10物質に対応した製品になります。
当社では全ての製品でアスベストは使用しておりません。

エネルギーをみんなに そしてクリーンに
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
陸の豊かさも守ろう

・製造工場での取り組み
製造工場の水質調査を定期的に行い、排水の改善・周辺の水質維持に努めています。
事務所、工場内照明のLED化、ボイラー設備の新調によるガスの効率化に取り組みました。
これからも更なる省エネルギー化、高効率化を目指し、エネルギーの無駄を無くしていきます。
作業日報や各種申請書の電子化などペーパーレス化の推進、裏紙の活用を行っています。
完全ペーパーレス化を目標とし、環境保全に取り組んでいきます。
また、緑の募金を通じて緑化推進に協賛しており、社内植樹などの取り組みを行っています。
これからも資源の無駄を無くしつつ、増やし育てることに取り組んでいきます。

クオリティ・オブ・ライフ

すべての人に健康と福祉を
質の高い教育をみんなに
ジェンダー平等を実現しよう
働きがいも経済成長も

「かがやき健康企業宣言」の宣言企業として、健康診断やストレスチェックを定期的に行い、社員一人ひとりが健康で充実した生活を送れるよう、職場環境の整備改善に取り組んでいます。
男女共同参画を基本とし、女性管理職の登用など男女共に働きやすく平等な職場づくりに取り組んでいます。
また、資格取得の補助やセミナー・安全教育の実施による社員の学びたいを応援しています。
誕生日休暇、出産・育児休暇の取得の奨励、リフレッシュ休暇制度の導入、無駄な残業の削減などを行い、ワーク・ライフ・バランスを実現させる環境づくりに取り組んでいます。

人と地域とつながる明日へ

質の高い教育をみんなに
働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基盤をつくろう
つくる責任 つかう責任

地元の高等学校から毎年インターンシップ、デュアルシステムの受け入れを行っています。
これからの日本を担う若い世代を職場体験を通じて応援しています。
重いものを持ち上げる、引っ張るといった製品の性質上、安全に配慮した製品作りに日々邁進しています。
お客様の安心と安全を第一にした製品づくりに全力で取り組んでいきます。
作業風景
作業風景
作業風景